ハローワークまっぷ

失業保険の個別延長給付

ハローワーク 失業保険の給付期間

雇用保険の失業給付の基本手当の受給期間は、雇用保険の加入期間と、離職、失業した時の年齢によって、決められています。最初に離職票や雇用保険証などの書類をもってハローワークに行き、受給資格があるかどうかの審査を受ければ、雇用保険の失業給付の基本手当の受給期間は、300日、240日、180日などと決定された結果がわかるでしょう。雇用保険の失業給付の基本手当の受給期間は、自分で事前に調べておくこともできます。雇用保険の失業給付の基本手当の金額の計算と違い、複雑な計算は不要で、普通の人が見てもわかりやすい一覧表があります。

ハローワーク 失業保険の給付延長

私(管理人)は、自分が会社都合で離職、失業し、このハローワーク 失業保険の受給資格の審査、決定を受けた際に、ハローワークの職員から、「延長給付の資格がありますよ」と教えてもらいました。管理人は、失業保険の給付開始などは、会社都合か、自己都合かで条件が変わることは知っていましたが、給付延長という制度そのものや、それが退職理由や年齢によって、資格があるかどうかが変わるということも知りませんでした。

ハローワーク 失業保険の給付延長があるけども

ハローワーク 失業保険の給付延長の資格がありますよと、ハローワークの職員さんは、親切か、マニュアル通りなのか、とにかく教えていただきました。管理人の場合、失業給付の期間は180日ですが、それからさらに60日、延長給付の資格があるということでした。
教えていただいた時には、まったくあてにしていなかったことなので、なんだか、少しうれしかったことを思い出しますが、よく考えれば、ハローワーク 失業保険の給付延長を受けるより、早く再就職を決めるほうがいいに決まってます。

ハローワーク 失業保険の給付延長の審査

ハローワーク 失業保険の給付延長には、そもそもの退職理由や年齢などの条件をクリアしていれば、必ず給付延長してもらえる・・・というわけではありません。それまでに、キチンと一生懸命、再就職にむけて、求職活動を継続してきた実績があるかどうかを問われます。この実績として書類に残るもので一番確実はなのは、ハローワークの職業相談です。実際に再就職にむけての紹介状や、あるいは努力の方向性の確認、修正や相談など、ハローワークの職業相談は、なかなか利用のし甲斐があります。積極的に利用したほうがいいでしょう。もちろん、ハローワーク 失業保険の給付延長などを受けるより、早く就職して、再就職手当をもらったほうが嬉しいと思います。