ハローワークまっぷ

ハローワーク池袋サンシャイン庁舎

分類 公共職業安定所
電話番号/FAX

雇用保険給付課電話 03-5958-8609 職業相談電話 03-5911-8609

雇用保険給付課FAX 03-3987-5365 職業相談FAX 03-3987-8622

住所

〒170-6003

東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60ビル3階

開庁(営業 利用可能時間) 原則として 全国のハローワークの開庁(営業・利用)時間は共通で、平日の朝8時30分から夕方17時15分。年末年始は休業です。しかし求人情報検索や紹介、相談の業務だけは、開庁時間延長制度があり、ハローワーク池袋サンシャイン庁舎はその対象になっています。 平日(月・水・木) 8:30-17:15 平日(火・金)8:30-19:00 土曜(第2・4)10:00-17:00 土曜(第1・3・5) および 日祝は休み
管轄地 豊島区、板橋区、練馬区
アクセス、行き方 JR池袋駅下車 徒歩10分
東京メトロ有楽町線 東池袋駅下車 徒歩10分
特記事項 福祉人材(ハートフル)コーナー設置
マザーズコーナーの窓口が設けられています。
以前は土曜日は開庁(営業)していたのですが、東日本大震災以降は各種協力もあるようで隔週のみになりました。
ハローワーク 求人・求職・失業・訓練 ワンポイントアドバイス1 ハローワークで失業保険を受給するには失業認定が必要です。失業認定は28日毎にあります。指定日にハローワークに行かないと受給を打ち切られることもあります。指定日の変更はなかなか難しいと思います。管理人は、時間だけは遅れたことがありますが、日にちだけはしっかり守りました。
ハローワーク 求人・求職・失業・訓練 ワンポイントアドバイス2 ハローワークの運用は、それぞれの地方の労働局の裁量による部分も小さくありません。国の機関、役所としては珍しいといえるかもしれません。公平と公正の問題は、ハローワークに限らず難しい問題です。しかし雇用情勢や仕事を求める人のタイプ、産業も、それぞれの地方で異なりますから、この差は、不公平ではなく、事情にあわせた施策といえるでしょう。

近くの施設

口コミ・評判

  • 対応が丁寧でサポートがしっかりしている (ハーローワーク 池袋)

    転職時に池袋のハローワークを利用しました。午前も午後も基本的には人でいっぱいで、手続きの順番待ちは大変です。ただ、職員の方々は対応が非常に丁寧で、てきぱきとされている印象があり、不便さを感じませんでした。また、転職で不安な気持ちでしたが、相談にも親身にのってくれて不安が解消されました。お陰様で無事に転職先が見つかり、転職後も手続き等でまめに連絡をくれたりと、サポートがしっかりしていました。場所もアクセスしやすいところにあるため、初めて行った時も迷うことなく、簡単にすぐに見つけることが出来ました。
    ナホコ3 (20代女性) 2015年
  • 残念ながら、またお世話になります (ハローワーク池袋)

    思ったより広い所でした。仕事検索用のパソコンは豊富にあります。要望としてはキーワード検索ができるようにしてほしいと思ってますね。選択項目をクリックして会社を絞っても、結構な量の求人がヒットしますので。  職員さんは冷静で親切な対応をしてくださっています。自分は冷たいなどとは感じませんので、現状維持して頂ければと思います。仕事を探しに来ている人の中には心が疲れている方も多くいらっしゃるかもしれないので、そういう人がリフレッシュできるなにかがあればいいなと思いました。先日勤めていた会社が倒産しまたお世話になったのですが、その時も親切に対応して頂いて大変感謝しております。
    くまおと (20代男性) 2017年1月
  • ハローワーク池袋サンシャイン庁舎の利用体験 (ハローワーク池袋サンシャイン庁舎)

    2回目の転職活動で利用しました。ハローワークを利用するのは3回目でしたが、池袋での利用は初めてでした。規模が大きく、検索用パソコンの台数も大変多かったので、待ち時間はあまりなく、次の利用者を気にすることなくじっくり検討出来たので良かったです。担当者の方も、慣れた案内と対応で、親身になってサポートしてくださり、大変印象が良かったです。紹介企業も多く、都内の企業への転職を希望していた私にとっては、ハローワーク池袋サンシャイン庁舎での転職活動をして良かったというのが大きいです。大変お世話になり、紹介頂いた会社へ決まったので、感謝しています。
    みーさんた(20代女性) 2014年9月
  • 福祉関係の仕事を探しやすいハローワーク (ハローワーク池袋)

    池袋のハローワークは福祉関係の仕事の重点をおいています。
    福祉関係の仕事とその他の職業の窓口が分かれています。
    福祉関係の仕事は人気がないのか人が少なかったです。
    おかげで、専用の端末や窓口がすいているので、待ち時間が短くて助かりました。
    私はケアマネジャーの資格をとったばかりで、新しい仕事に就いたばかりでした。
    でも、職場のパワハラにあい転職をせざるを得ない状態でした。
    またケアマネジャーの仕事を探すのか、他の職業にするのか迷っていました。
    ハローワークの職員はどの方も私の不安な気持ちをじっくり聞いてくれました。
    新人の職員だと、先輩の職員が付き添っていたので安心して相談できました。
    結局、自力で探した職場に就職しましたが、ハローワークの職員に励ましてもらったことが就職活動の力になりました。
    しろちゃん (40代女性)2012年5月
  • めんどうみのいい方々でした。 (ハローワーク池袋サンシャイン庁舎)

    池袋を軸にして考えると、サンシャイン60ビルは行きづらい場所にあるかもしれませんが、着くまでの商店街がおもしろいので、なんとなく行けてしまいます。池袋駅からは普通に徒歩ですが、東池袋駅からは地下通路でつながっているので、雨などのときは、可能なら東池袋駅からの利用をおすすめします。ハローワークとしては大きいほうなのか、パソコンもずらりと並んでいますが、現地で迷ったりする時間がもったいないので、できればご自宅で予習されてから(インターネットで全国の案件が見られます)、現地で求人票をプリントアウトして、相談に入ることをおすすめします。雇用保険相談コーナー、職業訓練トライアルのコーナー、お子さんがいて働きたい人のコーナー、福祉・保育のハートフルコーナーがそれぞれあります。また、シルバー世代のための相談も、予約すればできるそうです。私は体調がすぐれず、現在は在宅で仕事をする決心をしましたが、ハローワークに対しては、とてもめんどうみのいい方々ばかりだったので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。仕事を探している方は求人誌に頼るのも間違いではありませんが、求人誌に広告を出すより、地味に人探しをしているハローワークに依頼をする事業所のほうが、地に足の着いた就職活動ができるのではないかと思います。
    たれぱんだ (50代女性) 2015年10月~
  • 求職体験 (ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎)

    勤務先の事業所の閉鎖に伴い、ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎に行くことになりました。初めてハローワークにいきましたが、予想以上に人が多いので驚くとともに、これだけ失業して仕事を探している人が自分以外にもいるのだと思い内心ほっとしました。雇用保険準備講習会、および雇用保険説明会とも日時、時間指定されて参加しましたが、そこでも座席が定員一杯で満席の状態でした。説明会では失業給付のビデオをみてから職員の説明があり1時間半ほどかかりました。その後、求人検索ができるPCを使用して仕事を探し、比較的良いと思われる案件を見つけたのでプリントして相談員と職業相談をしました。相談員は、現在この案件に何人応募して、何人がだめで、何人が進行中であるかを教えてくれました。また私の場合は経歴から判断して候補者としては良いのではないかといわれ、ハローワーク池袋が発行した紹介状を渡され、自分で企業に送付するようにと指示されました。その案件については採用されなかったので、引き続きハローワーク池袋に通うことになりました。ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎の相談員は番号順に呼ばれるので基本的に毎回相談する人は違うのですが、私の場合は偶然同じ方が続きその方と話が合ったので次回からその相談員と話をさせて頂くことになりました。何回か相談しましたが、失業中は精神的にとてもつらいので、相談員の中にカウンセリングができる方がいて欲しいという希望を伝えたこともあります。私の再就職は最終的に転職エージェントを通じて決まったのですが、転職エージェントは1度しか面談をしないですし、現在の状況をともに考えるということはしないので、ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎の相談員の方と何回も対面でお話ししたことは励みにもなりましたし、支えにもなり感謝しております。
    ザッキー (50代男性) 平成27年1月~4月
  • ハローワーク失業体験談 (ハーローワーク池袋)

    私は一年前ほどにIT系の会社を辞め、失業保険を頂くためにハローワークに行きました。自己都合の退社のため失業保険を貰うには3ヶ月の猶予付きでした(会社都合での失業であればすぐに失業保険が出たのですが)その間に壊れた身体と心を治しつつ、仕事を探しておりました。幸い貯金はあったのでそれを切り崩しつつ、のんびりできたと思います。失業保険の申請から3ヶ月が過ぎてからは失業保険を貰いながら職業訓練校(介護関係)に2ヶ月通いました。介護の知識と学校での仲間作りと充実した2ヶ月でした。現在は介護とは別の仕事ですが、無事再就職も果たし落ち着くことが出来ました。
    れなぼうず (20代男性) 2016年8月
  • ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎の最初の利用

    ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎は、サンシャインの3Fにあります。初めてハローワーク池袋 サンシャイン庁舎を利用する場合は、総合案内に行き、どの窓口に行けばいいのかを尋ねればいいでしょう。
    管理人も会社都合での離職で、自分の住所地を管轄するハローワークに初めて行ったときは、総合案内で、「会社都合での離職ですが初めてどうしたらいいでしょう」とストレートに聞きました。注意したほうがいいのは、事前に用意すべきものはできるだけ用意しておいたほうがいいと思います。管理人の場合は、離職票、書けるだけしっかり書いた求職票、身分証明書(免許証など)、印鑑、銀行口座の証明書(通帳持参でも可能)を用意して行きました。(失業手当をもらうなら写真もあとで必要です)
    この準備が悪いと、仕事を求める真剣さを疑われ、扱いがゾンザイになるかもしれません。順番待ちの前の人はかなりキツク言われてました。「事前に記入していただかないと受理できません、あなたは住所も自分書けないのですか?」と並び直しです。書けるだけのことを書いたおかげでしょうか、あるいは、中高年の会社都合の離職で同情されたのでしょうか、親切で丁寧に扱っていただきました。
  • ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のハートフルワークコーナー

    ハローワーク池袋 サインシャイン庁舎の特徴のひとつに、ハートフルワークコーナーが設置されていることが挙げられます。ハローワーク池袋 サインシャイン庁舎のハートフルワークコーナーは、東京都内には3カ所のハローワークに設けらています。ハートフルワークコーナーとだけ聞いても、実際に何をするのかイメージしづらいかもしれません。管理人は最初は、障害者のための職業相談や求人情報の提供をする専門のコーナーかと思いました。障がい者のための職業相談、求人情報の提供は、 ハローワーク池袋 サインシャイン庁舎ではなく、 ハローワーク池袋の本庁舎で行われています。ハローワーク池袋のサンシャイン庁舎のハートフルワークコーナーは、福祉関係の仕事、求人情報の提供、相談ができるコーナーになっています。
    仕事を探す人は多くいて、有効求人倍率は高いままですが、一方、人手が不足している業界、業種もあります。福祉関係の仕事もそのひとつと言えるでしょう。ハローワーク池袋というより、国や厚生労働省が、力を入れている表れのひとつが、ハートフルワークコーナーともいえるでしょう。
    管理人は、自分が失業者であった期間に、ハローワークで職業相談をした時に、福祉関係の仕事を話を、ハローワークの職員さんに切り出され、驚いたことを思い出します。中高年の会社都合の離職で準備も不足している状態でしたから、ナリフリ構わず、自分の業界にこだわらず、広く仕事を探すつもりでしたが、福祉関係の仕事は思いつきませんでした。ハローワークの職業相談ですが、自分の思いつかない角度からの仕事の選び方を聴くこともでき、管理人にはなかなか利用し甲斐がありました。そういえば高校生の頃、ボランティアで障がい者施設に行ったことがありました。そんなことも含め、職業相談の席でずいぶん話してはみたのですが、管理人の場合は、年齢的に職業訓練をうけて知識をつければ、採用はされるでしょうが、肉体面、体力面でおそらく続かないように思え、それ以上の話は進めませんでしたが。
  • ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のハートフルワークコーナーのビデオ上映

    ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のハートフルワークコーナーの取り組みは、かなりアグレッシブです。まず訪問介護職員養成研修2級課程基本介護技術のビデオ上映を毎週のように行っています。このビデオは事前予約不要で見ることができます。また月1度には、「これから介護職に就く方」を対象としたセミナーも行われています。介護の仕事といっても、身内に介護を必要とする人がいないと、未経験者には、なかなか想像ができないことです。まずは予約不要でビデオを上映し、興味を持つ人に応えようということのように思います。
  • ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のハートフルワークコーナーの沿線別求人情報

    ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のハートフルワークコーナーの取組のひとつに、沿線別求人情報の提供があります。おそらく・・・ですが、普通の求人情報検索PCでも、同じ求人情報を見ることができるのでしょう。しかし、実際に通勤することを考えれば、沿線別になっている求人情報は、かなり役にたつ求人情報です。また求人情報検索PCは、それほど使い勝手のいいシステムとも言えないでしょう。ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のハートフルワークコーナーの発刊する沿線別求人情報は、ハートフルワークコーナーに展示され、月2会程度更新されています。
  • ハローワーク池袋のハートフルワークコーナーのミニ面接会

    ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のハートフルワークコーナーのミニ面接会ですが、これは他のハローワークなら合同面接会と称しているような面接会です。複数の企業が参加して、その日、その時間に行けば、書類選考なしに、面接してもらうことができるイベントです。ちなみに、他のハローワークでミニ面接会というと、参加してくる企業は1社だけです。ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のハートフルワークコーナーのミニ面接会は、面接会そのものは、予約が不要です。履歴書、職務経歴書などを複数枚持参して参加することができます。さらに、ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のハートフルワークコーナーのミニ面接会では、その少し前の時間帯に、面接直前セミナーを行っています。こちらは定員が決まっており予約制ですが、まさに直前です。直前セミナーを実施する例は他のハローワークでも見かけますが、数日前で別の日に実施されることが多いと思います。ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のハートフルワークコーナーのミニ面接会は、毎月1度のペースで開催されているようです。実施場所はハローワーク池袋 サンシャイン庁舎ではなく、ハローワーク池袋の本庁舎で実施とありました。
  • ハローワーク池袋 ハートフルワークコーナーのWeekly面接会、ツアー面接会

    ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のハートフルワークコーナーのWeekly面接会は、文字通り毎週1度に開催され、毎回、面接できる会社が変わります。
    ツアー面接会は、実際の施設にいき、施設の説明をきき、見学をしてから、面接をするイベント、面接会です。月に2回程度実施されています。
    こうして見てくると、ハローワーク池袋のハートフルワークコーナーの活動というか、取り組みはかなり濃く、また手厚いという印象を受けます。それだけ介護分野の人手不足、求人の充足率が低いのでしょう。勿論、高齢化社会の到来は、社会全体の大きな問題で、その一端を、ハローワーク池袋のハートフルワークコーナーの取組に感じます。
  • ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎 ヤングコーナーの就職面接会

    ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎は、管轄地である、豊島区、板橋区、練馬区とも協力した事業、取組を行っています。その一つが、ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のヤングコーナーによる就職面接会です。
    今回調べてみた時に告知されていたハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のヤングコーナーの就職面接会は、予約不要で、板橋区、豊島区、練馬区などの自治体の他に、板橋区産業連合会、東京商工会議所板橋支部などが協賛して実施されています。対象年齢は39歳以下になっていました。
    また、このハローワーク池袋 サンシャイン庁舎の就職面接会に先立って、板橋区産業振興課産業支援グループによる就職支援セミナーも開催されています。
  • ハローワーク池袋のマザーズコーナー

    東京には、マザーズハローワークが渋谷にありますが、ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎には、マザーズコーナーが設置されています。ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎に限らず、マザーズコーナーは、子育てと仕事の両立を目指す人のための支援コーナーです。
    ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のマザーズコーナーでは、就職支援セミナーなどの取組を行っています。子育てをしながらの仕事、就職活動について、自己分析と環境分析からはじまり、働くための環境整備なども取り扱っています。たしかに、子育て中の女性が、出産後にまた働こうとした場合、周囲の協力なり環境の整備も必要になることでしょう。働こうと思っても、気持ちばかりが空回りしているより、どう行動して環境整備をすればいいのかに、大きなヒントが得られそうな気がします。勿論、環境整備は、自分が主体になって行うものでしょうから、ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のマザーズコーナーが、解決してくれるわけではないでしょう。幼稚園、託児所などを保証してくれはしないでしょうが、窓口の案内とかはあるかもしれません。
    ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のマザーズコーナーの就職支援セミナーの内容は、求人情報を読み解き、実際の応募種類や面接対策にまで及んでいます。求人情報を読み取るには、ちょっとしたコツがあると思います。普通の例えば管理人のような男性の中高年の失業者ならば、給与などの面と仕事の内容が問題になりますが、子育てとなると残業の有無なども大きな問題になるでしょう。求人票の見方を、一度ちゃんと聞いて知っておくことは役にたつと思います。
    ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のマザーズコーナーの主催するセミナーは、サンシャイン庁舎ではなく、本庁舎で行われるようです。残念ながら、ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のマザーズコーナーのセミナーの場合は、託児所、託児施設の用意はありません。どうしても託児が必要でしたらら、ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎のマザーズコーナーではなく、渋谷のマザーズハローワークの利用を考えてもいいと思います。例外はありますが、託児付のセミナーも用意されています。
  • ハローワーク池袋 サンシャイン庁舎の窓口

    窓口番号21番は、仕事の紹介コーナー、ヤングコーナーです。仕事の相談・紹介を行います。特に、ヤングコーナーでは、35歳未満の方への仕事の相談・紹介を行っています。
    窓口番号22番は、職業訓練の相談コーナーです。都立技術専門校、委託を受けた民間の職業訓練校入校の相談や願書受付を行っています。
    窓口番号23番 予約・担当制のマザーズコーナーです。未成年の育児をする人は、予約・担当制で、仕事の相談・紹介ができます。正直、管理人は、この予約、担当制はうらやましかったりしました。まあ、中高年のいい年をしたオヤジは自分で何とかするしかありません。
    窓口番号26番は、ハートフルワークコーナーで、看護・介護・保育の仕事の相談・紹介をおこなっています。
    窓口番号30番から33番は、雇用保険給付課です。雇用保険受給手続、受給期間延長の手続、雇用保険受給調査、受給手続後の失業認定、就職、再就職手当の手続、氏名変更届、教育訓練給付(支給、資格要件照会)の手続などを行う窓口です。
  • 池袋サンシャインの写真

    池袋サンシャイン1Fの入り口

    池袋サンシャイン1F



    池袋サンシャインの全景。ハローワーク池袋は、3階にある。

    池袋サンシャイン


    春日通りからサンシャインを見る。2013年4月27日 9:23頃の撮影

    春日通りからサンシャイン

    ハローワーク池袋の案内板。3Fにある。
    2013/5/6 12:02頃に撮影
    ハローワーク池袋サンシャイン庁舎の案内板


  • 参考写真 池袋駅東口

    2013年4月20日 9:11頃の撮影。

    池袋駅東口にある池袋職業安定所の案内看板。520メートルとあるのは、おそらくサンシャイン庁舎ではなく、本庁舎のほうだと思うが参考までに

    池袋駅東口の池袋職業安定所の案内看板